fc2ブログ

勝手気ままにGoing our way

Ju Jihoonさん大好きhenjaとゴニルさんが大好きぴょん2の二人のブログです。二人の事は勿論、地元仙台の事や二人の珍道中日記、PCのことなど勝手気ままに書かせていただきます。

チュ・ジフンが「丸裸になった気持ちがして恥ずかしかった」と語る、「支配種」劇中のあるシーンとは?

640 (5)

韓国大統領を狙ったテロ事件と、人工培養肉の技術で新たな時代を切り開いた国際的企業・BF社をめぐるノンストップサスペンス「支配種」の記者会見が4月8日、韓国・ソウルで行われた。主演のチュ・ジフンとハン・ヒョジュをはじめ、イ・ヒジュン、イ・ムセン、パク・チョルファン監督が登壇。チュ・ジフンは劇中のあるシーンについて、「丸裸になった気持ちがして恥ずかしかった」と振り返った。

本作は、元軍人のウ・チェウン(チュ・ジフン)が、大統領を狙ったテロ事件の犯人を暴くため、事件の生存者であるBF社のCEO、ユン・ジャユ(ハン・ヒョジュ)のボディガードとなり、真相に迫っていく物語。さまざまなアクションシーンに取り組み、アクション監督に「天才」と賞賛されたチュ・ジフンは、「地に足の着いたアクションの方が、ストーリーに説得力が出ると思い、派手なアクションよりも、接触感を覚えるようなリアルなアクションを作りました」と解説する。劇中には、脚本家のイ・スヨンがお気に入りだという「17対1の戦闘シーン」もあるそうで、本編への期待が高まる。

 さらにチュ・ジフンは、ボディスーツを着て“入社試験”を受けるシーンも印象深かったという。「かなり体にフィットしていたので、丸裸になった気持ちがして恥ずかしかったです。グリーンスクリーンの前で、ひとりでアクションをするのは、不思議な感じがしました」と冗談交じりに語り、会場の笑いをさらった。

 大ヒットドラマ「ムービング」に続き、ディズニープラス作品への参加となるハン・ヒョジュは、「ディズニープラスで『ムービング』が愛されたように、『支配種』も多くの方に愛されてほしい」と挨拶。ハン・ヒョジュは本作で、チャームポイントの笑顔を封印し、難役に挑んだ。「脚本を受け取った日、私にもこのような脚本が来るなんて!とあまりにうれしくて日記をつけました。枯れ木の葉をイメージして、善人なのか悪人なのか区別がつかないミステリアスな人物として演じようと思いました。感情を表に出さないという設定なので、感情の振れ幅が少ないなかでどのように変化を与えるか、表現をするのか悩み、自分が普段話す感じとは違うトーンで話したりしました」と、役づくりを紐解いた。

 特に、物語の冒頭に出てくるプレゼンシーンは見どころのひとつ。ハン・ヒョジュは「TED(Technology Entertainment Design)の講演映像など参考になりそうな映像を探して、練習をしました。撮影本番ではプロンプター(カンニングペーパー)を読んでもよかったのですが、個人的に完璧に演じたいという欲があったため、全てのセリフを丸暗記して撮影に臨みました」と明かし、プロ魂を見せた。

 イ・ヒジュンは、ジャユの会社の研究成果物を狙う、野心溢れる国務総理ソヌ・ジェ役。ハン・ヒョジュは、「現場でヒジュンさんと会うのが楽しみでした。毎回テイクごとに演技が異なるので、今日はどのように演じるんだろうとワクワクするんです。演劇のように1テイクを10分以上のロングテイクで撮影することもあり、楽しかったです」と述懐する。イ・ヒジュンは、チュ・ジフンとのシーンでも、予定になかったロングテイクを提案したそう。チュ・ジフンから「撮影後、『楽しかった』と連発していました」と暴露されると、イ・ヒジュンは頷きながら、満面の笑みを浮かべていた。

 BFグループの創立メンバーで、ジャユの20年来の友であるオン・サン役のイ・ムセンは、役どころについて、「理性的でジャユにとっては心の拠り所のような存在。ふたりの間にチェウンが入り込み、新たな物語が形成されます」と紹介。非接触式空中浮遊ディスプレイ端末を使うシーンの撮影に話が及ぶと、「最初は慣れませんでしたが、スタッフの方が『ここにはこういう映像が出て、ボタンがここにあって……』と詳しく説明してくれたおかげで、上手く演じることができました。画面を伸ばしたり縮めたり、まるでダンスをするようで楽しかったです」とほほ笑んだ。

 本作のテーマとなっているのが、現在、世界中で研究・開発競争が激化している「培養肉」。利害関係の調整など、普及には課題も多く、議論が展開されている。キャストもさまざまな思いを持って、このテーマに臨んだようで、「本作は話題となっているテーマを興味深い話を交えて描いているので、この問題を考えるきっかけになってほしいです」(チュ・ジフン)、「培養肉は商品化できるところまできています。それがもたらす事件もある。そういうなかで一度しっかり考えてみるべきテーマだと思いました。この作品を通じて、僕も俳優として、人間として、倫理的、政治的、経済的な面から(培養肉について)考えるきっかけになりました」(イ・ムセン)と明かした。
映画.com様よりお借りしました。

アクション監督に「天才」と賞賛されたチュ・ジフン・・・ いや~~すごい成長。「蒼のピアニスト」の時はハラハラしていましたが・・・
脚本家のイ・スヨンがお気に入りだという「17対1の戦闘シーン」楽しみに待っていま~~す♪



スポンサーサイト



  1. 2024/04/11(木) 22:19:49|
  2. 支配種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国大統領テロ事件×人工培養肉の最先端技術 チュ・ジフン&ハン・ヒョジュ共演「支配種」予告&ポスター

640.jpg

韓国大統領を狙ったテロ事件と、人工培養肉の技術で新たな時代を切り開いた国際的企業をめぐるノンストップサスペンス「支配種」の本予告(https://youtu.be/fjM8qPNePO4)と日本語版本ポスターがお披露目された。

物語の中心となるのは、テロ事件の容疑者を追う元軍人ウ・チェウン(チュ・ジフン)。彼は事件の生存者であり、人間の支配から動物を解放する最先端技術・人工培養肉を生み出す企業・BF社のCEOであるユン・ジャユ(ハン・ヒョジュ)を疑い、ボディガードとして接近する。チュ・ジフン、ハン・ヒョジュのほか、イ・ヒジュン、イ・ムセン、チョン・ソクホらが共演。「秘密の森 深い闇の向こうに」のイ・スヨンが脚本を担当し、パク・チョルファン監督と「グリッド」以来のタッグを組む。

640 (4)

640 (1)

予告編の冒頭では、完璧な世界を目指して開発された人工培養肉技術によって、食物連鎖による人間と動物の支配関係を終息させたことで、第一次産業が崩壊し、BF 社への反発を強める市民が映し出される。さらにジャユへの殺害予告が届いたり、「培養肉は細菌の塊だ」という記事を発端に、オフィスビルにマスコミが押し寄せたり、ハッキングの被害を受けたりと、次々に見えない脅威が迫る。しかしジャユは、何かを知っているかのような表情で、犯人を「うちの社員かもしれない」と指摘する。

640 (2)

一方、BF社が大統領テロ事件以降、記録的な利益を上げていること、そしてジャユが事件の生存者であることから、チェウンはジャユに狙いを定め、彼女のボディガードとして、BF社への潜入に成功。テロ事件の真相に迫ろうとするなか、「彼は信頼できる人か、それとも遠ざけるべき人なのか」と目を合わせるふたりの姿から、関係がどのように変化していくのか、本編に期待が高まる。映像は、「黒幕は誰だ?」「食物連鎖から人間を切り離すことが最初の目標だとしたら、その次は……」という意味深なメッセージと、水槽のような大きな装置を見つめるジャユの眼差しで、締めくくられている。

640 (3)

ポスターは、主要キャラクターが、巨大なピラミッドのなかに配置されたインパクト絶大のビジュアル。中央のチェウンの背後には、テロ事件の爆発や、BF社に対するデモの様子が切り取られている。さらにピラミッドのなかには、頂点に君臨するジャユを筆頭に、BF社の社員や、テロ事件の秘密に関与する人々が階層ごとに並んでいる。

「支配種」はディズニープラスの「スター」で、4月10日から独占配信(全10話/毎週水曜に2話ずつ配信)。



映画com様より

昨日ディズニープラスを見たら2話までアップされていました。
ちょっとまとめてみようと思います(^^♪

  1. 2024/04/11(木) 21:50:44|
  2. 支配種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【フォト】チュ・ジフン、次元の違うカリスマで究極の魅力アピール

「名品俳優」チュ・ジフンとフランスの高級ブランドDIORが手を組んだファッション・マガジン「Noblesse MEN」4月号のグラビアが公開された。チュ・ジフンは感性的でスタイリッシュなスーツファッションから、何気ないようでいてシックなスタイリングまで全て着こなし、視線を引き付けた。

 チュ・ジフンは、ピンクやイエローといった明るく華やかな色彩で、うららかな春の雰囲気を伝えただけでなく、深くて奥ゆかしい眼差しとフォトジェニックなポーズ、強烈で高級感あるムードで自分ならではのおしゃれを完成させ、独自の存在感を示した。

ライフコリアより

2023040680146_0_20240410214906c58.jpg 2023040680146_1 (1)

2023040680146_2_20240410214901688.jpg2023040680146_3_20240410214859aa0.jpg

2023040680146_4_20240410214856c46.jpg

素敵なジフニフォトを見つけたのでライフコリア様よりお借りしました。



  1. 2024/04/10(水) 21:57:12|
  2. JU JIHOON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉しいお知らせが・・・仙台市近郊の皆様へ(^_-)-☆

今 ジェントルマン公式をみたら、なんとなんとなんと\(◎o◎)/!
宮城 フォーラム仙台 022-728-7866
5/24(金)~5/30(日)

(´∀`*)ウフフ良かったです。
確認したい方はジェントルマン公式サイトへ行ってみてくださいね
  1. 2024/04/05(金) 22:59:36|
  2. 映画【ジェントルマン】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チュ・ジフンほか、キャスト陣・監督が登場するメイキング映像 映画『ジェントルマン』

こんばんは。
残念ながら映画は観ることができませんでした・・・・
観たかったなあ

ちょっとYouTubeを観ていたらチュ・ジフンほか、キャスト陣・監督が登場するメイキング映像 映画『ジェントルマン』という動画を見つけました。



いつか機会があったら観たいです。

  1. 2024/04/05(金) 22:50:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

henja100

Author:henja100
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)
つぶやき (66)
JU JIHOON (117)
GEONIL (3)
My MV (41)
PC 画像加工 (46)
企画 (44)
歌 (4)
歌手 (13)
超新星 (1)
体のこと (2)
韓国ドラマ・俳優 (16)
メディカルトップチーム (8)
MV (5)
結婚前夜 (3)
MTT (7)
魔王 (10)
働く仲間のお料理クラブ (7)
宮 (3)
羽生 結弦 選手 (9)
仮面 (30)
姦臣 (1)
東日本大震災 (5)
阿修羅 (6)
旅行 (3)
映画「阿修羅」 (2)
牧野シェフの週末レシピ (6)
工作 (8)
パク・ボゴム (2)
映画「暗数殺人」 (1)
ドラマ『キングダム』 (1)
神と共に (2)
映画”神と共に” (8)
神と共に - 罪と罰 (2)
神と共に - 因と縁 (6)
アイテム (3)
ハイエナ (4)
智異山 (1)
映画【ジェントルマン】 (5)
支配種 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR